絵と言葉と

生きることはアートだ。生きるを笑おう、生きるを遊べ!

個展ご案内ハガキ&作品紹介フライヤー

銀座ギャルリーラーでの9月個展のご案内ハガキ、作品紹介のフライヤーが完成しました!

 

ご案内ハガキ、ご希望の方がいらっしゃいましたら、メールにてお知らせ下さい。

 

お店や事務所にご案内ハガキ、ハガキ&フライヤーを置いてもいいよ〜という方がいらっしゃいましたら、ご協力頂けますと幸いです。

 

フライヤーはA4サイズ、4つ折りにするとブックレットの様になります。

 

ご案内ハガキ、作品紹介のフライヤーは個展会場でも、お手に取って頂けます。

 

個展開催まで、あと一ヶ月と少し、今日から新作に取り掛かります。

 

皆さまにお逢い出来るのを楽しみにしています!

 

田村麻美

メール mami.oceanlily@gmail.com 

 


f:id:oceanlily:20180812124338j:image

 

 銀座 個展のお知らせ 9/17~23 

↑ ↑ ↑ こちらをクリック

f:id:oceanlily:20180723235323j:plain

 

www.facebook.com

 

www.instagram.com

 

Flower gate 〜その先に広がる世界〜

f:id:oceanlily:20180801104255j:image

妖精舞踏音楽会での個展“Flower gate”無事終了しました

 

心が静かで穏やかな、深い充足感に満ちています

 

イベントスタッフとして参加した5日間、素晴らしい出逢いや導きがありました

 

かっちゃん、mihoちゃんの暮らすKURIの森でのイベント

 

野外開催に向けて準備をしていたけれど、台風の影響を考えて急遽、旧江草中学校体育館でやることに

 

KURIの森の中にある、パレットで作られた可愛いおウチが本来の私の個展会場

 

体育館の一角に変更し、階段に沿って絵を並べ、ステージ脇には光の三部作を

 

すると図らずも、今回の個展のテーマ“Flower gate”に!

 

階段を上がってすぐの控え室に絨毯を敷き、聖なるお茶会を開催

 

大掃除をし、みんなでアイデアを出し合い、スタッフ、出展者の力が合わさり、体育館はあっという間に人々が集まり、笑顔が溢れる素敵な空間へ

 

準備をしながら少しずつ感じていた、この体育館でやることの意味

 

ライブが始まり、KURIの新曲「合わせ歌」に導かれるように、私の中で大きな気づきとなって、涙が溢れて溢れて...

 

今はまだ余韻にひたっています

 

Flower gate の先には、自分が思いもしなかった世界が広がっていました

 

素晴らしい方々と過ごした時間や気づきは、生きる力となる大きな大きなギフトとなりました

 

愛に満ちた豊かな経験をありがとう!

 

目に見えるもの、見えないもの、すべての存在に感謝します

 

f:id:oceanlily:20180801104313j:image

 

銀座 個展のお知らせ 9/17~23 

↑ ↑ ↑ こちらをクリック

f:id:oceanlily:20180723235323j:plain

 

www.facebook.com

 

www.instagram.com

 

 

精一杯のアツい夏

f:id:oceanlily:20180724002401j:plain

思い立って、実家のお墓詣りへ

 

二年、いや三年ぶりだろうか

 

暑い中、何周まわっても、自分の先祖のお墓が見つけられず、住職にお墓の場所を聞く

 

お花とお線香を手向け、先祖の方々や祖父母に、今の自分があることへの感謝を伝えた

 

父も夫も生きていた頃、母と四人でお墓詣りをして、韓国料理を食べ、四谷から新宿まで散歩をして、新宿御苑に立ち寄ったことを思い出した

 

その韓国料理屋は無くなっていたけれど、近くのお店でひとり亡き人たちをしのぶ

 

と言っても、本当に超暑くて飲みたいだけ(笑)

 

昼から美味しく生ビールをお代わりする幸せ!

 

山梨と銀座の個展に向けて、ストイックになり過ぎ、余裕のない今の自分

 

それは、祖父から続く、職人気質のせいか、良いところを見せたがる江戸っ子のせいか

 

先祖の皆様、今は亡き、私を愛して下さった方々

 

私は余裕がないほど、懸命に今を生きています

 

それがいいか悪いかなど分からないけれど、泣きたくなるほど今を精一杯生きていますよ〜

 

 

銀座 個展のお知らせ 9/17~23 

↑ ↑ ↑ こちらをクリック

f:id:oceanlily:20180723235323j:plain

 

www.facebook.com

 

www.instagram.com

 

 

銀座個展のお知らせ 9/17~23

個展のご案内〈銀座ギャルリーラー〉

 

f:id:oceanlily:20180714005254j:plain 

プリズムから広がる世界

それはまるで人間模様

 

人はどこかで知っている

喜びも悲しみも

光の一側面であることを

 

いろとりどりにきらめく

いのちのプリズム

 

2018年9月17日(月・祝)~23日(日)

11:00~19:00 

金・土 20:00 / 最終日 17:00まで

初日は、オープニングライブの為、15:00まで

  

 

プロフィール

田村麻美 Mami Tamura

 

1975年東京都生まれ

2016年より創作を開始、SNSを中心に絵や詩を発表。画材や技法にとらわれず、具象と抽象を自由に行き来する。その世界観は、花を描きながらも、光を感じる。命が宿ったようだと言われる。それは、生きるということ、命というものに真剣に向き合ってきた結晶だからだろう。

 

2017年 7月 東京都南千住、三三ハウスにて初個展

2017年10月 山梨県北杜市、studio KURIにて個展

2018年 7月 山梨県北杜市、studio KURIにて個展

 

 

ライブのご案内 ★お陰様で満員御礼です★

光 ~いのちのプリズム~オープニングライブ

出演 KURI

9月17日(月・祝)

15:30 開場 / 16:00 開演

入場無料 予約制

 

お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com 

 

 

KURIプロフィール

KURI / Katsu & Miho
アジアやヨーロッパの民族楽器を取り入れたアコースティックな音楽を作り出す2人組。アイルランド、アジア、東欧、沖縄まで、世界中の音楽のエッセン スを取り入れ、日本人の感性で昇華させたワールドミュージックユニット。アジアやヨーロッパ各国で、公演やワー クショップなど幅広い活動を続けている。

 

KURIのホームページ

http://www.studiokuri.com/

 

会場のご案内

ギャルリー ラー 東京メトロ有楽町線銀座一丁目」駅すぐ

http://salondela.com/

f:id:oceanlily:20180713233108j:plain



www.facebook.com

 

www.instagram.com

 

  

 

 

素晴らしい時代

f:id:oceanlily:20180702123601j:plain

 

自分で言うのも何だけど可愛い!

 

プロフィール用に撮った写真ではない。描きかけの絵のことだ(笑)

 

描いた絵を生地にプリントしてくれる会社を見つけたので、個展用に絵と名前を入れたフラッグを作ることに。

 

この絵も完成したらプリントしてバッグを作ったら絶対に可愛い🎶

 

スカートもいいな〜想像するだけで楽しい。

 

何をやりたいのか、とっ散らかりそうだけど、ものづくりが大好きなのだ。

 

私の祖父と父、父の兄は着物に手描きで絵を施す職人だった。

 

2歳くらいの時に廃業して記憶にはないけれど、私に中に流れる「何か」があるのだろう。

 

母は洋裁師で私が高校まで、ずっとパートで家計を支えていた。

 

二人とも中卒で、私も都立高校しか出ていない。

 

貧乏だったけど、近所のお絵かき教室に幼稚園から小学校4年生まで通わせてくれた。

 

絵を描くのも、端切れで何かを作るのも子どもの頃からの遊びだ。

 

今は学歴など関係なしに、好きなことが出来る時代になった。

 

調べれば、色んなサービスがあって、小ロットから物が作れる。

 

こうして、自分の絵や文章をWEBで発表して、人と交流が出来るなんて、私が子供の頃じゃ考えられなかったよ。

 

やりたいことを叶えられる、素晴らしい時代になったんだね!

 

www.facebook.com

 

www.instagram.com

 

過去への扉

私は過去への扉を閉めることにした

 

これからの人生に、もう必要ないと思うからだ

 

それは過去を捨てることではないし、出逢った人たちへの感謝を忘れることではない

 

ひとつの区切りを付ける為に、何度も書こうか迷ったことを今吐き出そうと思う

 

 

子どもの頃、私は見ず知らずの男性に後を付けられ、殺されかけた事がある

 

この出来事は私の人生に、ずっと暗い影を落とし続けた

 

ちょうど同じ頃、学校の先生からも友達にも嫌われ

 

物を隠されたり、死ねと電話がかかって来たりしていた

 

私は人を信頼する、自分を信頼するという事がよく分からなかった

 

神様に見放されていると思った

 

家も落ち着ける場所では無かったし、経済的な理由から、好きな分野に進学する余裕も無かった

 

大人になっても、生きることの苦しさから、子どもを持たない人生を選択した

 

 

それでも私は、悲しく苦しい出来事を嘆き悲しむより、力に変えようと懸命に生きて来た

 

それは十一年共に暮らした、最愛の夫が亡くなっても、変わらずそう思って生きて来た

 

死に憧れる気持ちが、癖の様に張り付いていたけれど

 

それでも生きてこれたのは、可哀想と思われるのが悔しいという意地のようなものや

 

苦しさを反転させるほどの、光を見たいという思いがあったからかもしれない

 

悲しさや苦しさを経て、今の私がある

 

だから必要以上に、私は過去を大切にしているところがある

 

心優しい人たちに囲まれ、光の当たる場所に居ても、居心地の悪さや罪悪感を感じていた

 

優しさや愛をどう受け取っていいか分からなかった

 

でも、それはもう要らない感情だ

 

閉めた扉から、悲しみがあふれ出そうとも

 

私はもう自らの手で、その扉を開けることはしない

 

過去を基準に今を捉えることも、苦しさを理由に隠れることもしない

 

 

今という一瞬をただ生きる

 

魂の望む喜び溢れる生き方をする

 

それは希望や祈りではない

 

自らに約束する誓いだ

 

f:id:oceanlily:20180701002515j:plain

 

 

 

この文章は2017年7月、Facebookに投稿したものに加筆・修正したものです。

 

作品タイトル 「私という名の薔薇」

作品サイズ 約23×16cm

使用画材 パステル、墨

2017.05.09

 

www.facebook.com

 

 

www.instagram.com