絵と言葉と

生きることはアートだ。生きるを笑おう、生きるを遊べ!

いつも側にあるという

夫の命日、今年はお墓参りに行ってきた。

こういう節目というのは、自らの生き方を問われるようで、心なしか緊張する。

亡き人の分まで、頑張って一生懸命に生きなきゃいけない...

誰に言われた訳でもないのに、そんなプレッシャーがどこかにある。

「もっと気楽に、自由に生きて良いんだよね?」

空を見上げて尋ねてみる

「それは自分が決めることだよ。誰の許可も要らないよ。」

生きていた頃と、まんま変わらない彼の言葉が風にのって届いた。
 
9月の終わりの出来事だけれど、記憶に留めておきたくなって、やはり書き残すことにした。

いつも護ってくれてありがとう!
f:id:oceanlily:20201014231157j:image
写真はその時の青空🎶

みんなちがって、みんないい

f:id:oceanlily:20201008214011j:image

YouTubeを見ていたら、ある人が自分が思うプロとは、どういうものかを語っていた。

それを見ていて、自分との違いに、うっかり落ち込みそうになる。

いや、でもちょっと待てよ。それはその人の価値観であって、この世の全てに当てはまる答えではない。

意見というのは、その人が正しいと思っていること。そうであって欲しい理想だったりする。

もしかすると、自分を奮い立たせるために言っているのかもしれない。

自分を正当化するために、そうでないものを否定している場合だってある。本人すら無自覚に。

「これが正しい。こうするべき、ああした方がいい。」

自分に自信がなければないほど、そんな声に踊らされる。

人と比べ、何かが足りない気持ちになって、もっと努力して立派な人にならなきゃと思う。

誰かに認めてもらうことは、一時的な安心が得られるけれど、自分自身が満足していなければ幸福感は薄い。

みんなが欲しがっているものを欲しいと思わされていないか...

みんなが羨ましがっているものを欲しいと思い込んではいないか...

最近、そんな思いが頭をよぎる。

私は何のために努力をしているのだろう。

間違うことが怖い。軽んじられたくない。認められたいという思い...

その対象は、ぼんやりとした幻影、不確かな存在。原型は親だろうか。

そんなことはもうやめにして、心の平穏さや幸福感、満足を追求したい。

外側の世界ではなく、内側に目を向けよう。

本当に欲しいものは何だろう。

内なる声に耳をすます。
f:id:oceanlily:20201008213941j:image
作品タイトル『光と闇』(部分)

使用画材 パステル、墨
2016.11.20

 

お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com 

 

Facebook

https://www.facebook.com/mami.oceanlily

 

Instagram

mami_oceanlily

麒麟がくる

f:id:oceanlily:20201005112531j:image

麒麟がくる

十兵衛さまの横顔の美しさにハッとした。

おでこのライン、顎のライン

美しい人は、骨格から本当に美しい。

描きたくなって、録画を止めてスケッチしてみた。

長谷川博己は、やっぱりカッコいいなぁ!

f:id:oceanlily:20201005112546j:image

心なしか、少女漫画ちっく。願望?目のせいかな。
夜中にFacebookにアップしたんだけど、朝見たら下手すぎて、載せたのが恥ずかしくなってきた。

朝起きて読んだ、夜中に書いたラブレターみたいだ(笑)

 

#麒麟がくる
#明智十兵衛
#明智光秀
#長谷川博己

 

お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com 

 

Facebook

https://www.facebook.com/mami.oceanlily

 

Instagram

mami_oceanlily

 

 

Just marriage!

空に咲く〜 Anemone 〜

f:id:oceanlily:20201002122208j:image

薄紙をまとい、白いリボンでおめかしをして、一目惚れしてくださった方のもとへと、お嫁に行きました。

 

プチプチ護衛隊に守られ、黒猫さんが大切に送り届けてくれました。

 

相思相愛になれたようで、ホッと一安心。喜んでいただけて本当に嬉しいです。

 

心とお部屋を優しく照らす、小さな灯りのような存在となりますように。

f:id:oceanlily:20201002122325j:image

 

お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com 

 

Facebook

https://www.facebook.com/mami.oceanlily

 

Instagram

mami_oceanlily

 

 

空に咲く 〜 Anemone 〜

f:id:oceanlily:20200927113915j:image

新作完成しました!

 

空に咲く 〜 Anemone 〜

 

 

ペンとアクリル絵具の組み合わせ

 

新しい表現を試みるのは、とても楽しい🎶

 

パネルのサイドはグリーンの2トーンカラー

f:id:oceanlily:20200927113931j:image

作品タイトル 空に咲く 〜 Anemone 〜

サイズ 約150×210×20mm

使用画材 ペン アクリル絵具 木製パネルに紙貼

2020.09.26

 

お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com 

 

Facebook

https://www.facebook.com/mami.oceanlily

 

Instagram

mami_oceanlily

 

 

 

ペン画

f:id:oceanlily:20200926100827j:image

引き算の美しさに憧れるけれど、いつもの癖で描き込んでしまう。

シンプルな線、黒だけで表現するって、なかなか難しい。

主に使っているのはコピックの0.03

初めの方に、0.05と0.1を使ったけれど、0.03で細い線を重ねていく方がいいみたい。

背景だけ、着色しても面白そう。
 
 
制作過程 アネモネ

 

お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com 

 

Facebook

https://www.facebook.com/mami.oceanlily

 

Instagram

mami_oceanlily

 

 

 

生きてるだけで丸儲け

★芸能人の急死について思うこと★
 
認めろよ。本当の自分探しなんて言うけれど、膝を抱え一歩も動けず、うずくまっているのが本当の自分じゃないか。

中学生の頃、日記にそんな言葉を書きなぐったことを覚えている。

社会人になると悩みは一層深まり、今日まで色々とこじらせてきた。
 
 
苦手なことダメなことを直そうと疲弊するより、ダメなままで上手くいく方法をとる。

45歳にして、ようやく気づいたシンプルな法則

「ここではないどこか」を夢見るのではなく、今の自分と目の前の状況を「いいもの」として受け入れよう。

そして憧れるエッセンスを今に取り入れてみよう。

私は私のままで素晴らしい。きっと私を選んで生まれてきたのだから。

問題なんて初めから何もない。
 
 
45歳の私から、15歳の私への一つのアンサー。上手くいかないことがあると、すぐにへこたれる自分へのエール。
 
 
帰り道、そんなことを考えながら歩いていた。

今日まで、生きてきた自分に拍手を送ろうと思った瞬間

ネットのニュースで知った、芸能人の急死が頭をよぎり、胸が苦しくなる。

得体の知れないものが内側から込み上げて、喉がつまり涙が溢れそうになった。

「落ち着け、落ち着け...。」胸をとんとんとんと軽く叩きながら歩いた。
 
 
本当は、生きているだけでまるもうけだ。
 
今、悩んで苦しんでいる人がいたら、全部を投げ出して逃げていいから、とにかく生きて欲しいと思う。

嵐が通り過ぎ、心が少しずつ晴れてくるのをじっと静かに待って欲しい。自分を責めないで欲しい。生きているだけでいい。

悩み苦しむ人たちの心が、少しでも晴れますように。

そして自ら死を選んでしまった人の魂が、癒され穏やかでありますように。
f:id:oceanlily:20200916191736j:image
作品タイトル 「 光 」

作品サイズ 約53×37cm
使用画材 パステル、墨

 

お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com 

 

Facebook

https://www.facebook.com/mami.oceanlily

 

Instagram

mami_oceanlily