絵と言葉と

生きることはアートだ。生きるを笑おう、生きるを遊べ!

創作とテルーの唄と私

f:id:oceanlily:20211009093749j:image

★製作過程★

随分と下絵に時間がかかったけれど、いよいよ色をのせていく。

構図は想いを伝える上で大事な部分なので、描いては消してを繰り返して、納得いくまでやり直す。

ただ単に絵が下手で、形を取るのが遅いというのもある(笑)

10年以上、絵から離れた時期もあるけれど、再開して良かったと思うことの一つは、今までの経験が何ひとつ無駄ではなかったと思えたこと。

悲しみも痛みも苦しさも昇華し、美しいものを創造することができる。

以前の個展のタイトルに「いのちのプリズム」とつけたけれど、喜びも悲しみも光の一側面であるという想いがある。

この絵のモデルとなった御蔵島の巨樹は昨年、残念ながら倒れてしまったけれど、悠久の時の流れや神聖な空気を込められるように頑張りたい。

新鮮な気持ちでといえば格好がいいが、毎回苦労して、試行錯誤しながら描いている。前回やったことなど、役に立たないと思うこともしばしば。

この絵を描きながら、ジブリゲド戦記「テルーの唄」をリピート再生していたら、絵と唄と気持ちとがリンクして、何とも言い難い心境になった。

映画ゲド戦記の記憶はないが、この詩を書いた宮崎吾郎監督、笑ってもらって結構だけれど、宮崎駿(創作の苦労が桁違いなのは承知の上で)シンパシーを勝手に感じて、ものづくりに携わる人々へのエールのように感じた。

心の神聖な領域に、静かに寄り添うような唄。

絵を純粋に楽しんでもらうために、あまり制作のしんどさを言うのは辞めようと思っている。(好きなことをしている上での、贅沢な苦労だしね)

個人的な体験も今まで赤裸々に語ってきたけれど、マイナスにならないだろうかと迷うことも多い。

でもまぁ、今日はこんな感じの投稿です。

キャンドルを灯したり、お気に入りのクリスタルを側に置いて描いている様子を載せてみました!

いろんなものを削ぎ落として、ピュアな気持ちで描きたい。

 

f:id:oceanlily:20210923053641j:plain

 

★個展ご案内ページ★
https://blog.mami-oceanlily.com/entry/kirari

f:id:oceanlily:20210913075938j:plain

Facebookhttps://www.facebook.com/mami.oceanlily

 

お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com

 

 

 

ハンカチデザイン完成!

大判ハンカチのデザイン完成!

個展に合わせて、今回はこの3つのデザインを作りました。

f:id:oceanlily:20210923053416j:image
f:id:oceanlily:20210923053410j:image
f:id:oceanlily:20210923053413j:image

絵葉書も納品され、手に取って静かな感動がじわり...

背景の濃紺から黒のグラデーションも潰れることなく、パステルのふんわりとした感じや、水彩の透明感も感じられる。

誰かを想って手紙を書くって素敵なこと。自分と相手の間にゆったりと流れる時間を感じながら、絵に想いをのせて送って欲しいな。

f:id:oceanlily:20210923053443j:image

今回、データ作成のオペレーションをどなたかに頼もうかと思ったけれど、やり方を覚えながら自分で頑張って良かったな。

ハンカチのデザインもDMや絵葉書も、こだわり抜いた分、ちゃんと満足として返ってきた。ものづくりってやっぱり好きだ。

大判ハンカチの仕上がりも楽しみ!

53cm角のコットンサテンのハンカチは、柔らかな手触りなのでスカーフのように巻いたり、タペストリーのようにしても素敵!

自分の得意なことで、誰かが喜んでくれるとしたら嬉しいな。

さぁ、これから新作に取り掛かるぞ!

 

●個展のご案内DMは準備が整い次第お知らせ&発送します。

f:id:oceanlily:20210923053641j:image

★個展ご案内ページ★
https://blog.mami-oceanlily.com/entry/kirari

f:id:oceanlily:20210913075938j:plain

個展開催情報



Facebookhttps://www.facebook.com/mami.oceanlily

 

お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com

 

 

個展のご案内 11月12日(金)〜17日(水)銀座ギャルリーラー

個展のご案内

 

田村麻美 個展 きらり

 

11月12日(金)〜11月17日(水)

12:00~19:00 最終日は 17時 まで

ギャルリーラー 銀座奥野ビル601

 

この時期ですので、お出かけ前にこちらのページで最新の開催情報をご確認ください。

新型コロナウィルスの予防の為、マスクの着用・入り口での消毒にご協力ください。

f:id:oceanlily:20210913081036j:plain

田村麻美個展



きらりと光る小さな灯り

暮らしの中の小さな奇跡

灯りをともそう

きらりを探そう

心の中に暮らしの中に

アナタとワタシの間に

 

プロフィール

田村麻美 Mami Tamura

 

1975年東京都生まれ

画材や技法にとらわれず、具象と抽象を自由に行き来する。その世界観は、花を描きながらも、光を感じる。命が宿ったようだと言われる。

絵画作品の他、インスタレーションの制作、ミュージシャンやアロマセラピストとともにワークショップ「五感を開く聖なるお茶会」の開催やトークイベントに参加など、アートを通じて様々な活動をしている。

 

2017年 7月 東京都南千住、三三ハウスにて初個展

2018年 7月 東京銀座ギャルリーラーにて個展

2018年 7月 山梨県北杜市、studio KURIにて個展

2019年 9月 東京荒川区、アッシュカフェにてコラボ展

2019年10月 山梨県北杜市、studio KURIにて個展 他

 

Blog:http://blog.mami-oceanlily.com/
Facebookhttps://www.facebook.com/mami.oceanlily

 

 

お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com 

 

 

会場のご案内

ギャルリー ラー

〒104-0061

東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル601

03-6228-6108

http://salondela.com/

 

東京メトロ有楽町線銀座一丁目」駅 

 10番出口より徒歩1分

東京メトロ銀座線「銀座」駅 

 A13番出口より徒歩1分

・JR有楽町駅京橋口より徒歩7分

f:id:oceanlily:20210913075958j:plain

f:id:oceanlily:20210913075938j:plain

個展開催情報



燃えよ

f:id:oceanlily:20210908112051j:image

「光と闇」2016の製作過程

人の持っているものが羨ましくて、自分の持っているものが見えなくなってしまうことがある。

必要なものは目の前に用意されていて、力は内に備わり、恵まれているということをつい忘れて。

本当にやりたいことに向き合うことは怖い。

よそ見をして、本当は必要のないものを欲しいと思い込んで、時間を浪費している間に、人生はあっという間に終わってしまうのかもしれない。

人の目を気にして、必死になることから逃げてはいないだろうか。

人に理解されることを求めて、自分を小さくしていないだろうか。
 
 
自分を取り巻く、深くて美しい闇があると同時に、力強く輝く光がある。

陰と陽のバランスを取ることが大切だとういうことが分かった。

あらゆることを情熱に変えて燃えよ!
圧倒的な光に向かって進め!
 
 
心の中のモヤモヤを自分ではどうしようも出来なくなって、プロの力を借りて浮上。

藤井風の新曲「燃えよ」真っ直ぐで力強い曲にも勇気づけられる。

藤井風 燃えよ

youtu.be

藤井風の新曲 燃えよ

彼曰く「ダサいくらい、まっすぐなストレートな曲」

先日、行われた“Free”Live 2021 at NISSAN stadium

そのライブで、新曲を披露する際に、本人が語った言葉を引用

「ワシが、無気力とかちょっと落ち込んだように感じている時に、こんぐらいまっすぐで力強い曲があってもいいんじゃないかなと思って、ワシが必要としていたような曲です。

みんなも必要としてくれてたら嬉しい。」

明日なんか来ると思わずに燃えよ

風にのって、私の胸にもまっすぐに届いた!

 

★ 田村麻美 個展

f:id:oceanlily:20210908114604j:image

Miracle

ギャルリーラー / 銀座奥野ビル6F(東京・銀座一丁目)

2021年11月12日(金)〜11月17日(水)予定
 

ブログ管理者 お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com

 

https://www.facebook.com/mami.oceanlily

 

私の中の〇〇さん

f:id:oceanlily:20210829192448j:image

苦手な人とか、ある人にまつわる嫌な記憶って、誰にでもあると思う。

そんな時「私の中の◯◯さん」と思ってみたら、その事柄が対処できない大きなことではなく、大したことのない出来事に思えた。

自分を覆う大きなものから、自分の中の小さなものへと、イメージの変換が起きたのだ。

確かに、同じものを見て経験したとしても十人いたら十人分の解釈があるわけで、「私の中の◯◯さん」との出来事はある意味、私が創り上げたファンタジーとも言える。

自分の感じたことをねじ曲げたり、抑圧するのではない。そのままイメージが小さくなることで、それに困らされ続ける必要がないと分かった。
 
これって、自分の父や母についても当てはめられることだろう。

父や母への複雑な想いは、時として自分を縛り苦しめる大きな魔物のように感じる。

けれどそれは自分が創り出した父や母で、彼や彼女の一側面でしかない。
 
接した人それぞれの中に「◯◯さん」があると思うと不思議な気持ちになる。

私も人に嫌われたり、最近はすごく良い人だと思われることも増えて、困惑して怖くなることがある。

人の目という魔物も、それぞれが思い思いに描く「誰かの中の小さな私」と思えば、恐れる必要など無いと感じられる。
 
どんな感情もあって当たり前、あるのが当然。混沌とした世界が私の中にある。何にでもなれる混沌とした宇宙が自分の中にあると感じたことは以前の投稿に書いた。

人への想いも、自分の中で作り上げた出来事だという、違う捉え方をすることで、また気持ちが軽くなった。
 
このシェアを書きながら、以前読んだ山田太一「月日の残像」に、人それぞれの中に、自分というものが存在する不思議について綴られたエッセイがあったことを思い出した。

難しい本で、まだ読みかけだったかも知れない。また引っ張り出して読んでみよう。

私という存在が、人それぞれの中で生きている。それはどんなストーリーだろう。面白くも不気味で、人の存在という不思議さを考え出すと迷宮に迷い込んでしまいそうだ。
 

 
作品タイトル 「記憶の泉」

作品サイズ 148×100mm
使用画材 色鉛筆、鉛筆
2020.05.06

 

まだ先になりますが、個展のお知らせです!

★ 田村麻美 個展 ★

ギャルリーラー / 銀座奥野ビル6F(東京・銀座一丁目)

2021年11月12日(金)〜11月17日(水)予定
 

ブログ管理者 お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com

 

https://www.facebook.com/mami.oceanlily

 

〜 Miracle 〜 新作完成しました!

f:id:oceanlily:20210820181638j:image

作品タイトル Miracle

サイズ 594 mm × 420 mm
使用画材 水彩絵具、紙
2021.08.20.

 

まだ先になりますが、個展のお知らせです!

★ 田村麻美 個展 ★

ギャルリーラー / 銀座奥野ビル6F(東京・銀座一丁目)

2021年11月12日(金)〜11月17日(水)予定
 
 
ご案内ハガキをご希望の方は、Mailにてご住所とお名前をお知らせ下さい。ご用意が出来次第、お送りさせて頂きます。

以前、個展やイベントでご連絡先を頂戴した方には、ご案内ハガキ又はFacebookイベント招待を送らせて頂く予定です。

個展やイベントでの交流、SNSでのコメントやメッセージがとても励みになっています。ありがとうございます🎶

楽しんで頂けるよう、創作に励みます!

 

 

ブログ管理者 お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com

 

https://www.facebook.com/mami.oceanlily

 

さよならだけが人生だ

f:id:oceanlily:20210816224351j:image

 

〜 制作過程・部分 〜


ひと夜しか咲かないサボテンの花

美しい花を次々と咲かせていた時、嵐が来ていた。

井伏鱒二の名訳で有名な「勧酒」の詩を思い出していた。私はこの詩が大好きだ。


ーーーーーーーーーーー


勧酒


コノサカズキヲ受ケテクレ

ドウゾナミナミツガシテオクレ

ハナニアラシノタトエモアルゾ

「サヨナラ」ダケガ人生ダ

 

原文は漢詩で作者は于武陵

訳者 井伏鱒二

 

ーーーーーーーーーーー

 

明日のことは分からないからこそ、この瞬間を分かち合えることを喜び、互いの人生を讃え、お酒を酌み交わす様子が目に浮かぶようで、こんなふうに凛と潔く生きられたらと憧れる。

 

私の屋号 〜 Oceanlily 〜には詩をつけているのだけれど、この「勧酒」に影響されているところもあるように思う。

 

花のように

風のように

海のように

生きるを笑おう

生きるをあそべ

 

花は風に散り、海へ自然へと還っていく。

時には苦しいことすら笑い飛ばし、力強く美しく咲きたい。

軽やかに大らかに生きることを楽しもう。

 

ひと夜に咲く花に一期一会の想いを重ね、交差する一瞬のきらめきを一枚の絵に閉じ込めたい。

 

★ 田村麻美 個展 ★

ギャルリーラ / 奥野ビル6F(東京 銀座一丁目)

2021年11月12日(金)~ 11月17日(水)予定

 

ブログ管理者 お問い合わせ

メール mami.oceanlily@gmail.com

 

https://www.facebook.com/mami.oceanlily